交通事故の損害賠償は弁護士と裁判所によって決まる

交通事故が発生すれば、被害者は加害者への賠償請求をする権利が発生します。

もちろん実際にどれだけの額を賠償請求するかなどは、その事故の過失がどれだけ相手にあるかなど弁護士ときちんと話し合って決め、更には裁判所の判断が大きく影響するでしょう。



そのため損害バイ書の金額ははっきりとはしませんが、交通事故の被害者である限り賠償請求権が無くなることはありません。この請求権は一種の金融債権と考えると分かりやすいでしょう。



交通事故が発生した時点で、被害者に発生する治療費などのコストを加害者への借金として考えるのです。

ただし、単純に交通事故の加害者だからと言ってコストの全額を負担させるわけではありません。

交通事故が全て加害者が百パーセント過失があるというわけでは無く、場合によっては加害者と被害者が五分五分の責任を負わなければならないケースもあるでしょう。



そうした過失の割合は素人ではとても判断できるものではなく、弁護士や保険会社などが過去の前例からどれだけ相手に過失があるのかを判断してもらう必要があります。そしてさらにその判断によって決められた損害賠償額が適性かどうか、最終的に裁判所が決定することになるのです。

ここで損バイ請求権という金融債権の額が正式に決定することになり、加害者は決定した金額の借金を背負うのと同じ状態になります。

被害者の立場ならできる限り多くの賠償額を引き出すために、加害者の立場としては少しでも支払う賠償を引き下げるために有力な弁護士が必要不可欠となるでしょう。