交通事故の慰謝料はどのくらいが相場なのか?

交通事故を起こしてしまったときに、事故の被害者に払うことになる慰謝料はどのくらいの額が相場なのでしょうか。

自己の悪質性や相手の怪我や精神的なショックの度合いにもよるので、一概に言えないですが、一つ言えるのは、明確にこれくらいの事故ならいくら、という物差しがないということです。



明確な物差しがないということは、例えば相手が慰謝料10億円を要求してきたとしても、別に違法ではないということなので、もしうまく交渉することが出来なければ、最悪の場合裁判までもつれこんでしまうことも考えられます。
そうなればお金も時間もかかってしまいます。



交通事故を起こしてしまったら、自分で何とかしようと思わずに、すぐに弁護士や司法書士、あるいは保険会社へ交渉は一任するといいでしょう。

法律的な知識や交通事故に対する経験もないのに、示談交渉まで行おうとすれば、法外な金額を請求される可能性がありますし、きちんとした書面を残さなければ、あとから当初の合意を覆されてしまうこともあります。初めからプロにお願いしておけば、慰謝料等の示談交渉か、合意までスムーズに行ってくれて、後々禍根を残すこともないので、すぐに連絡するようにしましょう。
人によっては、交通事故を起こしてしまうと保険料があがってしまうので、保険会社に連絡せずに自分で解決しようとする人がいますが、相手によってはとんでもないことになってしまうので、絶対に避けるようにしましょう。